倦怠期を乗り越えるためには?

男女交際に必ずついて回るのが、倦怠期。
どんなにラブラブでアツアツだった二人も、この時期になるとなぜだか距離が離れてしまいます。

 

「大好きなはずなのに、イマイチ楽しくないなあ」
「デートに行く場所もなくなってきたし……」
「会おうって言われたけど、会って何するの?」

 

……倦怠期に入ると、このような思いを抱く人も多いのではないでしょうか。
私自身、倦怠期が来ていたときは、恋人と過ごす時間に楽しさを感じられず、会うことも面倒に思ってしまいました。

 

そこで、倦怠期を乗り越えるための方法を、体験談も交えていくつか考えてみました!
悩んでいるカップルもそうでないカップルも、将来の二人のために参考にしてみてください。

 

【1】今までのデート場所をもう一周!

 

私の場合、デート場所の提案が尽きかけてきたころに、倦怠期に突入しました。
デートをするときは刺激がどうしてもほしくなりますから、新しい場所に行きたがっていたことが原因の一つです。

 

そんなときにオススメなのが、今までに行ったデート場所を、最初から順番に巡ることです。
最初に行ったときと比べて変わっていることを見つけたり、思い出深い場所を回ったりすることで、二人の愛を熱く燃え上がらせることができます。
今までのデートコースを二人で必死に思い出すのも、とても盛り上がって楽しいです。
私は実際にこの方法で倦怠期を脱出しました。

 

【2】改めて愛の告白を!

 

恋人に頻繁に「好き」と言っていますか?

 

私の周りにいた中で倦怠期になっていたカップルは、あまり自分の気持ちを素直に伝えていなかったように思います。
気持ちのすれ違いは、倦怠期どころか破局まで招いてしまう最悪のイベントです。

 

そこで、一度初心に帰ってみましょう。
付き合ったときの告白を思い出し、言葉で相手に気持ちを伝えることで、「やっぱりこの人がいいんだ」と自覚できます。
むしろ今までよりもラブラブになれるチャンスかもしれません。

 

【3】知らない土地へ小旅行に行ってみよう!

 

最後はけっこう荒業です。
「ちょっとヤバいな」と思ったときにやってみましょう。

 

倦怠期でよくあるのは、「一緒にいすぎて疲れた」「二人ですることなんてもう無い」というような、慣れから来る退屈です。

 

というわけで、慣れないところへ行ってみましょう。
知っている人がお互いしかいないという状況は、否が応でも二人の結束を強めます。
お泊りにしてしまえば、夜のドキドキするイベントも楽しめて、帰ってくる頃には倦怠期の存在も忘れてしまうかもしれません。
ただし、これはちょっとお金がかかるので、「(経済的に)ちょっとヤバいな」と思っている人はやめておきましょう。

 

倦怠期に突入してしまったら

 

ここまで三つ紹介してみましたが、いかかでしょうか?

 

  • 普通の倦怠期を迎えたカップルには【1】>【2】>【3】
  • お金がないカップルには【2】>【1】>【3】
  • ドカンと刺激が欲しいカップルには【3】>【2】>【1】

 

が、オススメです。

 

倦怠期に突入してしまったら、ぜひ試してみてください。
それでは、楽しいラブラブ生活を!

 

 

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

登録フォーム

ページランク4以上、発リンク数100以内のサイト様で、下記のリンク設定をして頂くことが条件となっています。
下記のリンクタグを掲載後、登録フォームからお申し込みください。

 

 

<a href="http://www.meetthemark.com/" target="_blank">http://www.meetthemark.com/</a>

 

 

サイト名と紹介文
( 30 文字以内 )

タグ [ < ,> ] は使用不可。 編集・削除機能はありませんので慎重に!
登録ページURL
末尾が 「 / 」 のURLしか登録できません。

 

最新登録サイト表示

サイト名PRリンク
1ラポマイン10
2イクオス10
3スローグロー10

 

トップページ紹介サイト

サイト名PRリンク
1イクオス10
2ラポマイン10
3スローグロー10